社会保険労務士

社会保険・労働保険の加入手続き

煩雑な社会保険・労働保険に関する事務手続きですが、
迅速かつ正確さが求められます。

労働・社会保険関係の法律は、約50種類もあり、各種申請書、請求書、届書などは300とも400とも言われています。

提出書類には簡単なものから複雑なものまで様々ですが、専門的な知識がないと必要な手続をしていなかったり、後々になってトラブルになったり、役所に何度も足を運ぶ破目になったりと大変です。

代理人として迅速で的確な事務処理を行います。

サービス内容

社会・労働保険事務手続き代行
社員の採用時や退職時の届出書類や健康保険の報酬月額算定基礎届、労働保険の年度更新、社会保険の各種給付申請、複雑な労災事故の請求業務など、労働・社会保険関係のすべての手続きを代理人として継続的に行います。
社会保険・労働保険新規適用手続き代理
事務所の設立や事業開始時などまだ保険関係が設立していない場合に行う手続きです。
年金事務所、労働基準監督署、ハローワーク等関係官公署への新規適用手続きを代理人として行います。
労務管理上の法定手続き代理
就業規則をはじめ、時間外労働に関する労使協定(36協定)、変形労働時間に関する労使協定、労働安全衛生法で定められた各種届出書の作成、提出・申請を代理人として行います。
行政機関の調査の立会い
労働基準監督署や年金事務所が法令に基づいて事業主(適用事業所)に対して実施する調査に立ち会い、説明、陳述を行います。

このページのTOPへ↑

業務案内